なぜYouTubeのストーリーが終了するのか!?ショートで集客のおすすめ!

ニュース

YouTubeのストーリーが2023年6月26日に終了するというニュースがありましたよね。

そもそもYouTubeにストーリーってあったっけ?

ストーリーとショートの違いは?

なぜ終わってしまうの?

そんなふとした疑問を解決していきます。

YouTubeのストーリーはいつまで?

YouTubeのストーリーが終了するというニュースが発表されました。

YouTube、「ストーリー」を6月26日に終了へ(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース
米Google傘下のYouTubeは5月25日(現地時間)、投稿から7日で消える短い動画「ストーリー」の作成機能を6月26日に終了すると発表した。それまでに投稿されたストーリーは、従来どおり投稿か

(参考:Yahooニュース)

YouTubeのストーリーは、2023年6月26日から作成ができなくなります。

6月26日の時点で公開中のストーリーは、最初に公開された日から7日後に期限切れになります。

そもそも、YouTubeにストーリーってあったっけ?

そう思われた方も多いのではないでしょうか。

そもそもYouTubeのストーリーとは!?

YouTubeのストーリーの内容を以下にまとめてみました。

  • スマホなどのモバイル端末のみで作成したり、見ることができる動画
  • 表示時間は15秒のみの短い動画
  • 縦長表示のみ
  • 7日間だけ投稿されて、自動削除される
  • 7日に1回だけ投稿できる
  • 収益化できない(広告つけられない)
  • 登録者数1万人以上のチャンネルのみ、ストーリー作成できる
  • 対象者を子供向けに設定している場合は、登録者1万人以上でも作成できない

YouTube視聴者はどうやって見るの?

YouTubeのストーリーはYouTubeのモバイルアプリでしか見ることができません。

登録しているチャンネルがストーリーを公開している場合には、そのチャンネルのプロフィール画像に赤いリングが出ています。

その赤いリングで囲われたプロフィール画像をタップするとストーリーを見ることが出来ます。

何の為にストーリーはあるのか?

そもそも何のためにストーリーは作られたのでしょうか?

YouTubeのストーリーは2018年11月にリリースされ現在に至ります。

通常のYouTube動画より、既存のチャンネル登録者と、より気軽にコミュニケーションが取れるのに最適です。

7日間というタイムリミットがあるので、よりリアルタイムを感じやすく、登録者と距離感を縮めやすいという特徴があります。

また、メイン動画への告知などにも有効に利用できます

またストーリー動画は、チャンネル評価に影響を受けないので、メイン動画のテスト動画として反応を見ることができます。

このようにYouTubeのストーリーにはメリットがありますが、なぜ終了してまうのでしょうか?

なぜYouTubeのストーリーが終了するの?

YouTubeはストーリーを終了する理由を以下のように発表しています。

”「コミュニティ投稿」と「YouTubeショート」が優れた代替手段であることが分かったため。”

YouTube Stories are Going Away on 6/26/2023 - YouTube Community

(参考:YouTubeヘルプ)

ストーリーにあった人気のある機能の側面を、コミュニティ投稿でいくつか追加しています。

またストーリーとショートの両方を使っているYouTuberの登録者数は、平均したらショートの方が獲得しやすいようです。

編集ツールや自動削除機能などが、コミュニティ投稿で引き継がれ、新規登録者獲得にはショートが利用されやすい。

そう考えると、ストーリーが終了するのも納得ですね。

結論YouTubeのショート機能がおすすめ!ストーリーとショートの違いを解説!

ストーリーが終了することに悲観の必要はありません。

なぜならYouTubeのショート機能でより使いやすく手軽に動画投稿できるからです。

YouTubeのショート機能がおすすめの理由を以下にまとめました。

  • チャンネル登録者数の条件なし
  • 動画の長さは60秒以内
  • 投稿回数の制限無し
  • スマホなどのモバイル端末だけではなく、PCも投稿、閲覧できる
  • 公開期間無制限
  • 条件によって、収益化できる

YouTubeショート機能は2021年7月から開始されたので、ストーリーよりも後に利用できるようになりました。

チャンネル登録者数に制限がないので、誰でも利用でき、ストーリーよりも普及しています。

動画も長めで、公開期間が無制限のため、7日間待ってから次の投稿など、制限されることなく利用できます。

またPCでも利用できるのはストーリーとの大きな違いですね。

ショート動画は再生回数が伸びやすく、新規登録者を獲得しやすい点もおすすめです。

また、通常の動画よりは単価はかなり低めのようですが、2023年2月からは広告収入を得られるようになりました。

収益化にはチャンネル登録者数や総視聴回数などの条件はありますが、新規のチャンネル登録者を増やせる可能性があるだけでも魅力です。

また、YouTubeの動画投稿は編集が凝っていて、初心者にはハードルが高く感じます。

その点ショートはスマホ1つで、簡単に短時間で動画を撮影・編集できるので、初心者にもおすすめです。

YouTubeのストーリーが無くなっても、ショートを活用しよう!

YouTubeのストーリーが2023年6月26日に終了しますが、ショートやコミュニティ投稿など、最適なものが利用できます。

YouTube側としても、より動画を観てもらう為の策、故でしょう。

プラットフォームの利用条件や方法は刻々と変化しますが、柔軟に対応していきましょう。

ぜひ、通常の動画投稿のみの方や、投稿初心者の方など、ショート機能を使ってみて下さいね。

コメント